BLOG撮影記録

BLOG撮影記録

7

プロフィール写真は仕事を始める前に撮る

プロフィール写真

こんにちは。
カメラマンの岩田です。

「この人に会いたい!」
そう感じるプロフィール写真を撮影しています。
(活動拠点は東京横浜エリア)

「プロフィール写真はまだ後でいい」は損をする

ビジネスを本格的にスタートしていないから
ちゃんとしたプロフィール写真はまだいいかな。
そう思っている方はご注意です。

今のままではビジネスを本格的に始めたくても
思うように進められない可能性が大きいです。

なぜなら、プロフィール写真を見て、
その人の本気度合いが伝わってしまうからです。

SNSで興味のある情報を見かけたとき、
発信者が気になることってありますよね。

で、調べて出てきた写真が
友達と撮った写真の切り抜きや、
自撮りでピースしていたらどう感じますか?

興味なくなって離れてしまいますよね。
それだけ写真で伝わる情報って大事なんです。

僕が失敗したプロフィール写真

僕がカメラマン活動を始めようとしていた時、
使っていた写真はこちらでした。

プロに撮ってもらったのでクオリティは高め。
けど、カメラマンしてる感(doing)と、
僕の人柄(being)が見せられていません。
(あと服装…)

結果、撮影の依頼はほぼ来ません。。

その後、見せ方を考えて
こちらの写真に変えました。

自分でも驚いたのですが、
そこから撮影依頼が少しずつ増えていきました。

そもそもカメラマンとして見せたいのに、
なんとなくクールな表情では
見せ方に失敗してました。

どんな印象を伝えたいか。
それをどう見せるのか。

ここまで考えて撮らないと伝わりません。

「仕事が本格的にスタートしてから」ではなく、
本格的にスタートするために、
伝わるプロフィール写真を用意する。

これが仕事を依頼してもらうヒケツでした。

無料のオンラインカウンセリングやってます

とは言え、
自分ではどう見せたらいいのかわからない。
どうやって考えたらいいかわからない。

そんな方向けに、
無料のZoomカウンセリングを行っています。
悩んでいる時間はもったいないので、
お気軽にメッセージをお送りくださいね。

    お名前 *

    メールアドレス *

    お問い合わせ内容*

    RELATED

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    CAPTCHA


    PAGE TOP